インプラントは一生持つ?

インプラント治療は失われた歯を取り戻す極めて有効な治療方法ですが、
そのままで一生涯、お口の健康が約束されるものではありません。

なかにはインプラントを入れてしまえば、

「何もしなくても一生インプラントが持つ」

勘違いされている方もいますが、そんなことはありません。

インプラントも歯周病になりますし、インプラントの周囲の歯が歯周病になることで感染もします。

お口の中のかみ合わせの変化により、インプラントに過度な負担がかかってくることもあります。

当院では、長期間お使いいただくことを大前提としておりますが、10年を一つの目安と考えております。

インプラントメンテナンスに力をいれています

インプラントがダメになる一番の理由は歯周病です。

歯周病を治療せずにインプラントのオペを行うなどは言語道断ですが、
歯周病は再発しやすく、感染もしやすい病気のため、定期的なメインテナンスが必要です。

特にインプラントの場合、細菌感染(プラーク)に対する防御機構が天然歯と異なるため、一度感染すると感染が早く進行します。

簡単に言ってしまうと、インプラントは天然の歯よりも歯周病になりやすいのです。

また、自覚症状がないため、ある程度進行した状態になるまで、患者さんご自身が気付かないこともあります。

インプラントの装着後は、その快適さにインプラントが入っていることを忘れてしまうとおっしゃる患者さんも多いのですが、快適さを持続させるためには定期的な検査、メインテナンスが絶対に必要になります。

インプラント部のメインテナンスには特別な器具を用い、インプラントを傷つけないように注意深く行う必要があります。

当院のメインテナンスを担当する当院の歯科衛生士は、トレーニングを受けた熟練した歯科衛生士です。
どうぞ安心してお任せください。

尾島デンタルクリニックの予防・クリーニング

尾島デンタルクリニックでは、まずご自身のお口の状態を知って頂くために様々な説明用資料を作成しています。
視覚的にもわかりやすい説明を行うよう心がけております。

治療が終了した後はお口の状態によりメンテナンス期間を決めていきます。
問題ない場合は数ヶ月に1度のメンテナンスを行います。

インプラントのトラブル

インプラントで、10年以内に再治療が必要になるケースというのが

1:歯周病によるインプラント周囲の炎症
2:インプラントの骨へのインテグレーション不足
3:上部構造の破折
4:上部構造のダツリ・ネジの緩み

の大まかに4つです。
そのうち2の骨とつかないというのは、実に数%でほとんどが上物やインプラント周囲炎によるものなのです。

そのため尾島デンタルクリニックでは、インプラント手術だけではなく、そのアフターフォローにこそ力を入れています。
これは、インプラント治療だけに特化せず予防歯科にも力をいれている強みだと考えております。

インプラントは歯を入れて終わりではなく、いかに的確にフォローしていくかが歯科医院の使命だと考えています。

初めて来院される方へ

痛みの少ない麻酔

院内ツアー

歯科医師紹介

尾島デンタル 診療案内

尾島デンタル 歯科医師 出版本

当院の林崎雅樹が、
「毎日きちんと歯磨きしているのに虫歯になるワケ」を出版しました。
尾島デンタルクリニックの患者さんには当院窓口で無料でお配りしておりますので、 ご興味のある方は、ぜひご一読ください!

悩まずに無料相談へ

尾島DC 公式LINE


お友だち登録でグッズプレゼントやホワイトニングキャンペーンなどお得な情報をGET♪
LINEトークで審美歯科や矯正歯科の無料相談も。