ところで知覚過敏とは?

最近はCMなどでも「知覚過敏(ちかくかびん)」という言葉が使われるようになってきましたので、聞き覚えのある方も多いかと思います。

一言で言うと「知覚」が「過敏」に反応している状態です。

むし歯などのはっきりとした病気や変化がなくても、歯が痛い、しみるということがあります。

特に、冷たい水がしみる、甘いお菓子を食べたら歯がジーンと痛む、風が当たるとしみる、歯ブラシで磨いたらズキンときた、というようなことがあります。
その歯を見ても、穴が開いているわけでもない、虫歯のように黒くなってもいない・・・。

こういった症状のある人は「知覚過敏」になっている可能性が高いです。

知覚過敏?どれとも虫歯?

まず重要なのは、「しみる=知覚過敏ではない」ということ。

知覚過敏による痛みは一般的には刺激が加わった時の一時的なものであることが多いです。
冷温刺激や歯ブラシなどが接触したことによる刺激によって「ズキン」とくるわけです。

しかし、虫歯で歯に穴が空いていても歯がしみることはありますし、
「しみる」といっても痛みが一時的なものではなく、しかも程度の強いものであれば大きな虫歯である歯髄炎の可能性も充分にあります。

「痛み」や「しみ」の個人差もあります。
放置していたら痛みが大きくなることもありますので、気になる方は早めの来院をお薦めします。

特に奥歯の横などは自分で見ることは非常に難しいです。
小さいものなどであると実際にレントゲンを撮ったりなどの検査をしないと見つからない虫歯のケースも良くあることです。

大事なことは普段からメインテナンスに通い、汚れのない状態で検査することです。

どうして知覚過敏になる?

知覚過敏の原因は様々ですが、
共通していることは何らかの原因でエナメル質やセメント質が削れるなどして、象牙質が露出していることです。

簡単に言うと、 普段は隠れている歯の部分が出てきてしまっているところがしみています。

では、どうして露出してくるのでしょうか?

知覚過敏の原因@:ブラッシング圧が強いこと

ブラッシング圧が強いと歯肉が下がって根の一部分が露出したり、
歯が削れてきてえぐれたようになることもあります。

ブラッシング圧が強くなくても「硬めの歯ブラシ」を使っている方も同様です。

知覚過敏の原因A:歯周病で歯肉が退縮(下がり)、歯根が露出したこと

歯周病になると歯肉が下がってくることが多いです。
いわゆる「歯が長くなってくる」ような状態です。

歯肉が下がってくると、 本来、歯肉に覆われていた部分が外に出てきて知覚過敏が出てくることが多いです。

知覚過敏の原因B:歯軋りや噛みあわせが原因で楔状欠損ができたこと

WSD
上の図で○で囲ってある歯の根元がえぐれているような部分が楔状欠損です。

根元がえぐれてくると
当然、歯の神経までの距離が近くなりますので、「しみる」ことが多くなります。

楔上欠損はどんどん進んでいくと
歯の神経がやられるまで欠損が大きくなったり、歯が折れたりすることも多いので大きく欠損している人は早めの処置が必要です。

初めて来院される方へ

痛みの少ない麻酔

院内ツアー

歯科医師紹介

尾島デンタル 診療案内

銀歯を白くしたい人へ


48,000円〜で銀歯を白くすることが可能です。
専門の歯科技工士が製作し、保証もついています。

自費診療の価格表


尾島デンタルクリニックの自費診療の価格表です。
ほぼ全ての診療に保証期間を設けていますので安心です。

悩まずに無料相談へ

尾島DC 公式LINE


お友だち登録でグッズプレゼントやホワイトニングキャンペーンなどお得な情報をGET♪
LINEトークで審美歯科や矯正歯科の無料相談も。

知覚過敏

最新の設備

安心の消毒・滅菌

尾島デンタルクリニック案内

シリコンデンチャー


TVなどでも特集されているシリコンの入れ歯です。
痛くなく外れない入れ歯と評判です。

インプラント相談


インプラントに興味のある方はお気軽にお越しください。
お口の状況に合わせて、費用や期間、メリットやデメリットを説明します。